モンクレールのダウンジャケット専門クリーニングなら協和クリーニング「クリーニング事例・お客様の声」ページ

KYOWA CLEANING
協和クリーニング
0532-61-2306 申込み 問合わせ
集荷・配送
0
現在07.19(金)に集荷可能!
お申し込みはこちら

WORKS クリーニング事例・お客様の声

クリーニング事例

モンクレールのダウンコート 襟汚れ・シミぬき

Before
After

モンクレールのレディースダウンコートのクリーニング事例です。

←左 クリーニング前
→右 クリーニング後

Before
After
Before
After

襟・首周りの黒ずみ汚れは、キレイになりスッキリとしました!

襟・首部分は皮脂汚れ・髪の油分・ヘアオイル・ワックスなどが付着しやすく、汚れが目立ってしまいます。

このような汚れは自分でお手入れすることは難しいため、専門クリーニング店に依頼することをお勧めします。

Before
After

フチのパイピングテープにシミが付いています。
クリーニングによってキレイになりました。

Before
After
Before
After

こちらはカビが生えています。
このようなカビも丸洗いによって除去いたします。

Before
After
モンクレール
レディース ダウンコート
大阪府八尾市
S様 女性

クリーニング時のファスナー引き手について

モンクレールなどのダウンジャケットには、ファスナーの開閉用の引き手(ツマミ)が付いています。
このファスナー引き手は各ブランドのデザインが施されており、重要な役割となります。

モンクレールや各ブランドも下記の通り、様々なデザインのファスナー引き手があります。

モンクレールのファスナー引手

各ブランドによって様々な繊細なデザインがあり、破損や紛失などしやすい部分でもあります。

当店でもクリーニング作業中に破損・紛失のないように対策をしております。

クリーニングでのファスナー破損対策

クリーニング作業中にファスナー本体やファスナー引手が壊れることのないように、下記のような対策をしています。

お預かり時の検品

ファスナー検品

お客様からお品物をお預かりした時に、ファスナーやボタンの破損・傷・不具合等がないかしっかりと検品いたします。

検品にて不具合が確認できた場合は、お客様へ確認いたします。

ファスナーの保護カバーやネットを使用する

クリーニング用の資材には『ファスナー保護クリップ』(ファスナーガード)というものがあります。

これは保護したいファスナー引き手やボタン等に、クリップで挟み込み、クリーニング時のダメージを抑えるものです。

ファスナー保護クリップ

ファスナー保護クリップ

ファスナー保護クリップ

ファスナー保護クリップを閉じた状態

繊細なデザインのファスナー引手

モンクレールのファスナー引手(トップ)

ファスナークリップを取り付けた状態

ファスナークリップで挟み込み取り付けた状態

このように繊細なデザインのファスナー引手やボタン等を、クリップにて保護して洗浄時の破損・紛失を防ぎます。

洗濯ネット

また、品物をクリーニングネットに入れて洗濯することで、全体のダメージを抑えたりもします。

作業工程ごとに検品する

高級ダウンを確認するクリーニング師

クリーニングの各工程(前処理・洗浄・乾燥・仕上げなど)には、常にパーツの不具合や破損・紛失がないかチェックをしています。

最終検品

クリーニング後の検品作業

クリーニング後の検品作業

最終的に仕上がった状態で、包装前には最終検品をいたします。

包装

検品・包装

このようにクリーニング作業中には、ファスナーやボタンなどの破損・紛失のないように、細心の注意をして作業しております。

ファスナーの修理対応

当店ではファスナー引手の修理にも対応しています。

モンクレールのオリジナルパーツで修理可能ですので、万が一ファスナートップやボタンが紛失した場合でも、ブランドパーツにて修理いたします。

ファスナーが動くなくなった…、ファスナーのツマミが無くなった…、ホックボタンが取れてしまった…などのお困り事がありましたら、ご相談ください。

ファスナー引手が取れてしまった状態

破損したファスナートップ(引手)

新品のファスナートップ(引手)に交換しました。

新品のファスナートップ(引手)に交換しました。

なお、修理対応はクリーニングと同時受付となりますので、あらかじめご了承ください。

 

Top