モンクレールのダウンジャケット専門クリーニングなら協和クリーニング「クリーニング事例・お客様の声」ページ

KYOWA CLEANING
協和クリーニング
問合わせ
現在、1201日(木)に集荷可能!

WORKS クリーニング事例・お客様の声

クリーニング事例

モンクレール ダウンジャケット クリーニング・日焼け修復&修理

Before
After

モンクレールのダウンジャケットです。
キャンバス素材で肩・襟・袖など、全体的に日焼けによる変色・色あせが見られます。

クリーニングと布地の日焼け復元修正をして、色ムラ・色あせを改善しました。

Before
After

布地素材の日焼け変色がかなり見られましたが、修復後は色がハッキリとしてムラがなくなりました。

Before
After

肩や袖部分は、ハンガーに吊った状態で、日焼け変色しやすい部分です。

長期保管の場合は、蛍光灯や日光などの光が当たらない、暗い部屋で保管するか、遮光する適切なカバーをかけましょう。

Before
After

襟部分も変色が見られましたが、ご覧の通りキレイになりました。

Before
After

袖口のリブが擦り切れて、破れてしまっていました。

新しいリブにて交換修理しました。

Before
After

袖口リブ交換の修理事例

Before
After

フードに付いている『ドローコード』です。
ゴム紐でできており、経年劣化によってゴムが伸びてしまったり、切れてしまいやすい部分です。

今回はドローコードの交換修理をしました。

また、金属の留め具(コードストッパー)も欠損していたため、新しいパーツを取り付けました。

モンクレール
メンズ ダウンジャケット
愛媛県松山市
T様 男性

衣類の染色技術

ダウンジャケットの日焼け変色修正

日焼け・色あせの原因

ダウンジャケットの日焼けによる変色・色あせ・色落ちなどのトラブルは多くあります。

長期間の直射日光や蛍光灯の光(紫外線)によって、生地がダメージを受け、色あせ・退色してしまいます。

また、襟、袖、脇に多くみられる白化と呼ばれる現象は、摩擦によって表面が毛羽だってしまい、色が抜けて白っぽくなってしまう現象で、キャンバス素材やカナダグースのダウンジャケットではこのような症状がよく見られます。

日焼け・色あせの変色修復ができます

当店では、キャンバスやナイロン・革素材など素材に応じて、変色の修復をすることが可能です。

素材や色調によっては対応が難しい場合もございますので、事前にお問い合わせください。

【参考記事】

▶カナダグースのクリーニングで失敗しないようにするには?

 

Top